【最新版2020年5月交付】地方版図柄入りご当地ナンバープレート第2弾発表!

★全国41図柄の詳細についてはこちら(PDF)

ご当地ナンバー第2弾デザイン

ご当地ナンバー第2弾デザイン

国土交通省は10日、各地の名所や名産品などをあしらった「地方版図柄入りナンバープレート」の第2弾を5月11日から交付すると発表しました。

同日からスタートする新たな地域名表示ナンバーの対象となる全国17地域です。

図柄入りプレートは、前回の第1弾と合わせると全国58地域で交付されることになります。4月13日にはウェブサイトなどからの事前申し込みも開始する予定だそう。

 図柄入りを含めた新たなご当地ナンバーは
「知床(北海道)」「苫小牧(同)」「弘前(青森県)」「白河(福島県)」「松戸(千葉県)」「市川(同)」「船橋(同)」「市原(同)」「江東(東京都)」「葛飾(同)」「板橋(同)」「上越(新潟県)」「伊勢志摩(三重県)」「四日市(同)」「飛鳥(奈良県)」「出雲(島根県)」「高松(香川県)」

新車や中古車の購入時に加え、対象地域のユーザーが保有している車も変更することができます。

各地域ではご当地ナンバーの導入による地域振興を目指しています。
図柄入りナンバーも知床が現地の雄大な自然をモチーフにしたデザインを採用するなど、それぞれ地域の特色をアピールしており、各地のブランドイメージの向上にも役立ちそうですね。
交付にかかわる費用は4月上旬をめどに公表するそうです。

<ナンバープレートの種類>

登録自動車(事業用)には「緑色の縁取り」、軽自動車には「黄色の縁取り」が施されます。

<申込方法>

ご自身でウェブサイト(http://www.graphic-number.jp)からお申込みできます。もしくは、お近くのディーラー・整備工場・行政書士にご相談ください。
新車・中古車の購入時はもちろん、現在お乗りの車の番号が変わることなく、いつでも図柄入りナンバープレートに交換することができます
お申込み方法はこちら(PDF)
図柄入りナンバープレートの登録・交換手続きについてのお問い合わせ先はこちら
図柄入りナンバープレートのお申込方法についてのお問い合わせ先はこちら

<記念保存>

取り付けた図柄入りナンバープレートは、そのナンバープレートを変更する事由が発生しない限り、廃車するまで使用することができます。使用終了後は不正使用防止のための穴を開けた上で取り外した図柄入りナンバープレートを記念に受け取ることができます

図柄入りナンバープレート

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう