【初めてでも安心】車売却の流れと手続きについて。車両引き渡し時に注意すべきこととは?
車売却の流れと必要書類について解説!
車売却の流れが見えると、車を手放すまで安心して手続きを進められます。
車両引き渡し時に陥りがちな注意点とは?

「車売却ってどういう流れでできるんだろう?自分で売るのは初めてで全然イメージできない…」

「車売るの久しぶりすぎてどんな流れで売るのか忘れた…。何の書類が必要なんだっけ?」

車を初めて売る、久しぶりに売るという方にとって、どのような流れで売却手続きが進んでいくのかが見えないと不安ですよね…。

流れが見えないまま手続きを進めていったとして、万が一不備があるとスムーズに売却できません。

カー助
特に3月下旬、年度をまたぐ場合はスムーズな手続きが求められるんだ。
自動車税を計算される時期だから、できるだけ翌月にかからない方が1カ月分お得だよ

くる子
そうなんだ!

くる子
下取りや買取、売り方で手続きに違いはないの?

カー助
大まかな流れは変わらないよ!
必要書類は場合によって少し違ってくるから、確認しておこう!

この記事では、車売却の流れと必要書類について解説します!

車売却までの流れ・手続き

実際に車を売却するまでの流れを把握しておけば、よりスムーズに手続きを行うことができます。

売却までの流れは 次のとおりです。

  1. 車を売却する先(お店)の選定
  2. 車の査定依頼
  3. 価格交渉
  4. 売買契約
  5. 車の引き渡し
  6. 車両代金の入金

1. 車を売却する先(お店)の選定

まずは、車を売却する方法やお店を選定するのがファーストステップ。

様々な売却先を視野に、複数社に査定してもらうと高価買取につながるのでおすすめです。

売却先の選定には、約1ヶ月ぐらいの時間はみておきましょう。

2. 車の査定依頼

次に売却予定の車について、査定依頼を行います。

査定方法は、

  • 店舗に車を持参する『訪問査定』
  • 自宅などに査定士が来てくれる『出張査定』

このどちらかが選べます。

くる子
訪問査定と出張査定…どっちがいいの?

カー助
おすすめは『出張査定』だよ

一括査定などで複数社に査定依頼する場合、何店舗も自分で周るとなると時間も手間もガソリン代もかかってしまいます。

特に複数社に査定してもらう場合は、査定士に自宅に来てもらえる『出張査定』がおすすめです。(ほとんどの買取店は無料で出張査定を行ってくれます)

ただし、ディーラーは出張査定に対応していない場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、査定前に洗車と車内の清掃をしておくと「大事に乗っていた」ことをアピールできます。

車の印象は買取額にも繋がりますので、査定にはぜひ洗車をして臨んでください!

3. 価格交渉

車の査定が終わると、提示された売却額をもとに価格の交渉をします。

売却する車の相場を事前に確認して目標額を決めておくと、価格交渉をスムーズに進められますよ!

ただし、目標額に近づけようと無理な交渉を行うのはNG。

価格内容に納得いかない場合は、廃車買取業者など他の売却方法を検討してみた方がよいでしょう。

4. 売買契約

売却額を了承したら、次はいよいよ売買契約です。

契約時に必要な書類を事前に準備しておくと、よりスムーズに手続きできます。

車売却の主な必要書類は、次の6つです。

  • 自動車検査証(=車検証)
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 住民票の写し *車検証の氏名や住所が変更された場合

特に印鑑登録証明書などは、公的機関での発行となるため前もって準備しておくと○。

また、引っ越しした場合や軽自動車を売却する場合は、準備する書類が上記とは少し違います。

必要書類についてが、次の記事で詳しくご紹介しています。

5. 車の引き渡し

売買契約を行なったら、車を売却先に引き渡します。

引き渡しを滞りなく行うために、車内に私物がないかどうか事前にチェックしておきましょう。

くる子
私はあまり車内に物を置かないから大丈夫そうだけど…

カー助
ETCカードの取り忘れや座席下なども要チェックだよ!

くる子
ETCカード取り忘れそう!

引き渡し当日に慌てて車内を確認すると、見落としをしてしまうことも。

特に次を忘れがちなので注意してくださいね!

  • ETCカード
  • 座席下
  • センターコンソール(肘置きのところの小物ケース)の中
  • グローブボックス(助手席前の小物入れ)
  • 後部座席のドアポケット
  • カーナビの自宅情報削除

出来れば車を引き渡す数日前に、計画立てて少しずつ整理しておくのがベストです。

6. 車両代金の入金

書類と車両の引き渡しが完了したら、後日車両代金が入金されます。

(下取りの場合は、店舗側で車両代金を次の車代金に充ててくれるため、車両代金を別途手にすることはありません。)

入金スピードはお店によって様々ですが、一般的には2週間~1ヶ月で指定口座に車両代金が振り込まれます。

「売却した車両代金を別のお店で購入する車の頭金にしたい」など、事情がある場合はお店に相談してみましょう。

お店が柔軟に対応してくれる場合もあります。

まとめ:車売却は見通しを立てて進めると安心・スムーズに売却できる

車売却の手続きは買取スタッフに流れを任せっきりにしがちですが、それだとお店の理由で手続きが遅れたり、手続き抜け漏れの人的ミスも考えられます。

自分自身で把握しておくと手続きの進行具合が分かって安心ですし、スムーズに手続きできるでしょう。

乗り換えの場合は新しい車の手続きとも並行になるため、手続きの見通しを立てて余計なストレスなく売却してくださいね。

車をより高く売るには?車一括査定ランキング

車を乗り換える時「ディーラーの下取り価格が思っていたより低くてちょっとショック…」と感じた方も多いはず。

そこで くるまandでは人気の一括査定サイト5社を厳選し、ランキング形式でご紹介!

比較して分かった、一括査定のデメリット『業者からの電話』を減らしつつ、高値買取を期待できる“たった1つのサイト”とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう